中古車を売る時に必要な書類って何があるの?

車を売る時に必要になる書類


ただ買取査定をしてもらうだけであれば

特に書類が必要になることはないのですが、

実際に売るとなった時には様々な書類を

用意しなければなりません。

 

いざ売る時になって、「用意していなかった」

ということにならないよう、

予め必要な書類を準備しておきましょう。

 

また、ディーラーや中古車販売店で手続きを

代行してもらう場合と

自分で全ての手続きを行う場合では

用意するものが違ってきます。

 

最も手っ取り早いのはディーラーや中古車販売店で売り、

手続きを代行して貰う方法です。

 

▼ディーラー・中古車販売店で売る

ディーラー、中古車販売店で車の買取をしてもらう場合、まず

自動車検査証は必須です。

 

自動車検査証に記載されている住所が

現住所と異なる場合、

一回のみ住所変更をしているなら住民票、

二回以上住所変更しているなら戸籍附票又は

住民票の除票が必要です。

 

また、結婚して名字が変わった等、

自動車検査証記載の氏名と現氏名が異なる場合には

戸籍謄本が必要となります。

 

その他、3ヶ月以内に発行された印鑑登録証明書も

必要となりますが、

 

買い取りしてもらう店舗によっては

発行から1か月以内のものが必要となる場合もあります。

 

自賠責保険証明書については強制保険ですから

必ず発行されていますが、

紛失した場合には保険会社で再発行してもらわなければならず

準備に時間がかかる場合もあります。

 

ディーラー等で買い取りしてもらう場合には

譲渡証明書及び委任状の作成については

代行してもらうこともできますが、

オークション等、自分で売る場合には

用意しなければなりません。

 

自動車税納税証明書も必要書類の一つで、

車検を受ける際に必要となる書類ですが、

紛失してしまう方が多いようですから

早い内に確認しておいた方が無難でしょう。

 

自動車税納税証明書の再発行は

お住いの都道府県の税事務所で行なえます。

※軽自動車の場合は市区町村役場で再発行できます。

 

自動車リサイクル料金を預託している場合には

リサイクル券が必要です。

 

以上が車を売る際の必要書類です。

 

▼車を高く売る為に!

愛車をできるだけ高く売る為には、

まず自分の車の買取価格の相場を知ることが重要です。

 

「この車なら相場は20万円ですが、うちなら25万円出します」

このようにプロの業者が言えば、

得をした気分になってすぐに売ってしまうでしょう。

 

ですが、その車の本当の相場は30万円かもしれません。

であれば、25万円で売っても5万円も損をしてしまいます。

 

相場を知らなければ、業者が提示してきた査定額が

やすいのか高いのか、その判断すらできません。

 

車をなるべく高く売る為にも、

査定額はよくチェックしておくことが大切なのです。

 

東京都のカー&バイク情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都で車検を受ける




ユーザー車検以外の方法で車検費用を節約する方法!

自動車には維持費が必要となりますが、

中でも車検費用は馬鹿にできない出費です。

 

車検は自動車に頻繁に乗らない場合でも

所有している以上は必ず受ける必要があります。

 

自動車の安全性・快適性を保ち、

故障等のトラブルや事故を予防することは大切ですが、

1回の車検で10万円ものお金を支払うことを考えると

億劫に感じる人も少なく無いでしょう。

 

車検に通さずに自動車に乗る裏技はありませんし、

車検を受けずに走ったら違反となり、

罰金もしくは懲役+免許停止もしくは免許取り消し処分となります。

 

 

業者による車検費用の違い

 

車検は委託する業者や店舗によって

大きく車検費用が異なります。

 

車検を委託できる業者としては、

カーディーラーや整備工場、

車検専門フランチャイズ店、カーショップ、

ガソリンスタンド等があります。

 

カーショップとはイエローハットやオートバックスのことで、

車検専門フランチャイズ店とは

カーコンビニ倶楽部やコバック等のことです。

 

ディーラーでは他の車検と比べて

点検整備を丁寧かつ念入りにやってくれる為、

費用は他業者よりも割高です。

 

カーショップや車検専門フランチャイズ店では

あまり差はありません。

 

また、整備工場やガソリンスタンドでも

極端に費用が安くなるということはありません。

 

最も車検を安く済ませることができる車検方法は

やはり「ユーザー車検」ですが、

点検整備等全て自分で行わなければなりませんから、

自動車に詳しい人でなければオススメできません。

 

 

車検費用を節約する方法

 

複数の車検業者の見積を比較する

 

自動車保険や中古車査定と同様に、

実は車検にも一括見積比較サービスがありますので、

これを活用しない手はありません。

 

複数の車検業者を競合させることで

料金を大幅に安くすることができます。

 

 

必要最低限の交換で節約

 

実は車検は今何処で委託しても

比較的安い費用で受けてくれます。

 

ですが、さらに安くしたい場合、

車検のタイミングで交換する必要の無い消耗品やパーツを

交換しないというのも手で、

カーショップ等で別に買った方が安上がりになることがあります。

 

 

消耗品の交換時期について

 

車検を受けるとき、交換したほうが良いパーツや

オイル等の消耗品に関して説明がありますが、

車検に合格する為に絶対にしなければならない交換というのは

多くありません。

 

例えば、カーディーラーで車検を委託すると、

毎回バッテリーの交換をオススメされますが、

普通に乗っていれば4年に1度の交換でも問題ない場合が大半です。

 

「交換した方が良い」というのは、

あくまで「した方がしないよりも良い」というだけであって、

必ずそのタイミングでいなければならないものではありません。

 

とはいえ、交換時期の迫ったパーツを交換せずに

無理をして乗り続けた場合、

他のパーツにかかる負荷が大きくなって

トラブルを引き起こす原因となる場合がありますので、

交換時期が迫ったら交換するようにしましょう。

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都で車検を受ける




車検の有効期限と車検証に記載されている情報の見方を解説!

○車検の有効期限について

その車両が

保安基準に適合しているかということを

定期的にチェックするために

『自動車検査登録制度』

通称

車検というものが存在します。

 

自動車検査証の有効期間に基いて、

車検を通さなければ

その車両は

公道を走行することができません。

 

車検の有効期限については

その車種毎に定められており、

普通自動車の場合

車検の有効期限は

新車で購入してから初回は3年間、

以降は2年毎に

車検を受けなければなりません。

 

また、キャンピングカー等

特種車については

初回も2年間で、

以降2年毎の車検が定められています。

 

京都で車検

バイクについては

その排気量が251cc以上の場合は

普通自動車と

同様の有効期限となっており、

250cc以下のクラスのバイクについては

車検を受ける必要は存在しませんが、

自賠責保険については

気をつけなければなりません。

 

車検の有効期間は

車検証に

その期日が記載されており、

この有効期限の1か月前から

車検を受けることが可能になります。

 

1か月前から

有効期限までの間に受ければ

次の有効期限は

元の満了日から

延長されることとなりますが、

1か月前より前から車検を受けた場合、

車検に通したその日から

有効期限が起算されることとなりますので

注意が必要です。

 

車検ネット予約

 

○車検証について

車検を受けて

全ての保安基準に適合していた場合

合格することができますが、

これに合格したことを証明する書類が

『自動車検査証』

通称『車検証』です。

 

この車検証は

自動車の戸籍と呼べるもので、

様々な情報が記載されています。

 

基本的な情報としては

その車両の車検の

登録年月日や初回登録年月日、

車検の有効期限や、登録情報、

ナンバープレートなどが記載されています。

 

また、所有者と使用者は

それぞれ氏名と住所が

記載されていることに加えて、

使用される

本拠地が明記されることとなります。

 

ただし、

所有者と使用者が同一人物の場合、

所有者のみが記載されます。

 

車名やグレード名は

一般的には記載されず、

その車両の

車台番号が書かれますが、

これについては自動車メーカーが

国土交通省に届け出したものと

同一のものが書かれている為、

法律的な扱いを

ここで確かめることができます。

 

その他、

カスタムを実施することで

車両のサイズに変更がある場合は、

実施した内容に沿って

車検証の記載内容の

変更手続きを行わなければなりません。

 

最後に

備考欄では重量税額や

燃費基準達成車であるかどうか、ということが

記載されます。

 

また、走行距離の表示値が

現車検証交付時

及び前回と2回分記載されているのは、

過去

走行距離メーターの改竄が行われたことが

背景となっています。

 

岩手県の事務の求人情報

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都で車検を受ける




20年車検を受け続けた素人が語るユーザー車検③

実際に

ユーザー車検に要する時間について

解説していきます。

京都 車検

○手続きにかかる時間は?
車検を受けるに際しては

検査費用と自動車重量税を

支払わなければなりません。
また、

自賠責保険の更新が済んでいない場合も

同時に行います。
申請用紙の作成については

窓口で業者に依頼して

一括して行ってもらうことで、

大体3~5分程度で終了します。

激安車検ネット予約
ただしこの依頼には1件につき1000円

費用がかかりますので、

全て自分で作成する場合は

追加で10分程度かかります。

 

その後建物を移動して

納税確認と検査費用受領の

確認を行いますが、

移動する時間を考慮しても

3分もかからないでしょう。
それから再度建物を移動して、

予約の確認と

定期点検整備の確認の後、

書類を提出して受領してもらうのに

かかる時間が3分程度です。

 

スムーズに進めば

書類申請にかかる時間は

10分前後で、

自分で書類を記入する場合でも

20分程度で終わります。

 

○検査ラインの検査にかかる時間は?
まずは検査ラインの手前で

スタッフによる書類等の

チェックが行われますが、

ここでかかる時間は

せいぜい2~3分程度です。

チェックが終わったら

検査ラインに進入して、

検査員や電光掲示板の指示に従って

検査を行います。
検査官の指示を

聞かなければなりませんので、

窓は開けておくようにしてください。
検査ラインの検査自体は

特に問題なくスムーズに進んだ場合、

およそ5~6分程度で終了します。

そう、ユーザー車検の検査そのものは

実は至って簡単で、

10分程度で済ませることができるものなのです。

 

○検査後の手続きにかかる時間は?
検査が終了したら

書類を提出して車検証の交付を受けます。
窓口で必要書類を提出して、

しばらく待ちます。
名前を呼ばれたらカウンターで

新しい車検証と

フロントウィンドウに貼るステッカーを貰って、

これでユーザー車検は終了です。
この待ち時間については

混み具合にもよるのですが、

平時であれば大体3分程度で終わります。

 

これら全ての行程を足しても、

ユーザー車検は

1時間もかからずに済ませることができます。
ただし、

もし検査ラインで不適合箇所を指摘され、

修正して

再検査を受けなければならない場合については、

追加でその分の時間が

かかることになりますので注意して下さい。
念の為、

朝から予約を取っておけばより確実でしょう。

 

また、当然ですが

自動車を運転して

自宅から車検場を往復するまでの時間も

かかるということを忘れてはいけません。
自宅から車検場まで

距離がある場合、

この時間が一番

長いということもあるかもしれません。

宮城県の和食のグルメ情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都で車検を受ける




20年車検を受け続けた素人が語るユーザー車検②

○ユーザー車検の検査費用は?
ユーザー車検にかかる費用は

都道府県によっても

多少差がありますが、

おおよそ1,800円程度です。
「え?1万8千円か18万円の間違いじゃないの?」

とびっくりされた人も多いのではないでしょうか。
ですが、

ユーザー車検の費用は

本当に1,800円くらいなのです。

京都の車検

ただ、ユーザー車検では

平日時間を割いて

車検場に車を持ち込まなければなりませんので

注意してください。
会社員の方であれば会社を

学生なら学校を休まなければいけませんし、

自営業などの人も

その時間分の収入は

得られないことになりますから、

これらをよく吟味した上で、

得になるかどうか判断して下さい。

また、検査費用以外にも、

法定費用については

必ず支払わなければならない費用になります。
これについては

車検を受ける際に必須な費用として

国によって定められていますので、

自動車に乗る以上

絶対に避けられない出費となります。

 

○検査費用以外にかかる費用は?
私の場合は

申請書類の作成に際して

専門の業者にお任せしています。
自分で書くこともできますが、

不備や記入漏れがあった場合には

余計に時間を喰ってしまう場合がありますので、

時間と手間を

節約するという意味でも、

書類については業者に依頼しています。

この書類作成の代行については、

地域によってことなりますが

費用は1件につき1000円程度となっています。
私の場合は

書類を作成する手間と

ストレスを考えて

安いと判断して依頼していますが、

多少手間取っても

安く済ませたいというのであれば、

車検場には記入例も置かれていますので、

それを参考にして記入すると良いでしょう。

書類作成の代行は

自賠責保険の支払い窓口で

依頼することができます。

 

○再検査にかかる費用は?
また、

ユーザー車検でもう一つ

費用がかかるケースとして、

検査ラインで不適合箇所を指摘され、

不合格になった場合です。
検査項目は大まかに分けて

4ステージとなっているのですが、

どれか1つでも不適合となれば

車検は不合格となります。
検査に不合格となった場合、

検査場の最寄りに

民間のテスター屋がありますので、

ここで不適合となった箇所を直して

再検査を受けることとなります。
再検査自体については

当日中であれば

無料で受けることができますが、

不具合箇所の修正の費用として、

1項目につき大体1,600円程度かかります。
また、再検査を受ける際には

検査ラインの検査官に

再検査であることを伝えて、

指摘を受けた場所のみ検査を受けて、

OKなら車検に合格することができます。

秋田県秋田市の介護サービス情報

セゾン・▲被リンク伊藤飛鳥キャッシュパスポート

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都で車検を受ける