科捜研の女 第16シリーズあらすじ
榊マリコは、科捜研の名物法医研究員。「化学はうそをつかない」という信条の下、日々の事件の中に隠された真実を追い求めていた。
そんな折、“顔を見ればうそが分かる微表情研究のくせ者学者”や、“研ぎ澄まされた五感でどんな爆弾も解体する爆弾処理のエキスパート”といった、人並み外れた能力と独特のキャラクターを持ったスペシャリストたちがマリコの前に次々と現れる。
彼らと衝突し、また協力しながら事件と対峙していく中で、マリコは人としても、法医研究員としても、さらなる成長を遂げていく。
(wikipediaより)


コメントは受け付けていません。