IQ246~華麗なる事件簿~ストーリー
警視庁の刑事・和藤奏子は、ある日突然捜査一課に配属され、北鎌倉にある貴族の末裔であり法門寺家の当主・沙羅駆の護衛を命じられる。配属された者は1カ月以内に辞職するといううわさや、なぜ北鎌倉なのかと疑問を抱く奏子。
そして、法門寺家では代々長男のみにIQ246という異能が遺伝し、時の権力者からその存在を隠されてきたことを知る。また、法門寺家には代々の当主に仕える執事が存在することにも驚く。
そんな矢先、自らが解くに値する“美しい事件”を求めて暇を持て余していた沙羅駆は、家を抜け出し、偶然にも事件に出くわす。
(wikipediaより)


コメントは受け付けていません。