やすらぎの郷ストーリー
かつてその才能をもてはやされたシナリオライター・菊村栄は、テレビに功績があった者だけが入れる無料の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」に入居することになった。施設に足を踏み入れた彼がそこで見たものは、もはや記憶から消えかけていた昔の、全盛期の“テレビ人”たちだった。
往年の大女優や大俳優らにほほ笑みかけられ、夢か幻を見ているようなぼうぜんたる新生活が始まるが、海千山千のテレビ人たちは一筋縄ではいかず、菊村は彼らに翻弄されていくことになる。
(wikipediaより)


コメントは受け付けていません。